180 : think 180 around  
 
幸せなお金持ちになるための「メールマガジン」を無料でご購読いただけます。金言集、世界マーケット情報等を配信中。

サンプル
 
  • オプション取引の学校
  • なぜ?オプション取引なの?
     
  • オプション取引について
  • オプション取引とは
    オプション取引の基礎知識
    権利行使価格
    オプション価格(プレミアム)
    限月
    タイムディケイ
    ボラティリティ
    ギリシャ指標
    LEAPS
    オプション取引の戦略
    オプション取引の証拠金
    オプション取引の税金
     
  • オプション取引の市場
  • オーストラリア オーストラリア
    日本 日本
    韓国 韓国
    香港 香港
    シンガポール シンガポール
    インド インド
    イギリス イギリス
    欧州 欧州
    アメリカ アメリカ
    カナダ カナダ
    メキシコ メキシコ
     
  • オプション取引を体験する
  • キャッシュフローゲーム202
    キャッシュフローゲーム202
     
  • オプション取引の用語集
  •    
           
     
    オプション取引とは ― オプション取引の学校 ― Option Trading School
     
     
    オプション取引とは ― What is Option Trading

    教科書通りの説明では、オプション取引とは金融派生商品(デリバティブ)の1つで「ある金融商品(原資産)を、あらかじめ決められた期日において、あらかじめ決めた価格で、買ったり・売ったりする権利のことで、さらにその権利を売買することができる・・・」などと説明されますが、よく分かりませんよね?

    「オプション取引」は、誰にでも理解できる言葉で、わかりやすく、簡単に説明することができます。
    誰かに「オプション取引とは何か?」と聞かれた際には、以下のように説明しましょう。
     
    オプション取引とは、景気や相場の良し悪しに関わらず、相場が上がっても(up↑)、下がっても(down↓)、まったく変わらなくても(side→)、どの局面でも利益を出すことができる「投資手法」のことで、「金融商品」そのものではありません。
     
    オプション取引の投資手法は、アメリカ市場ではさまざまな金融商品(原資産)に対して用いることができ、どの「原資産」でも流動性が豊富です。しかし、日本市場では現物オプションの中でも唯一、「日経平均株価(日経225)」を対象とした株価指数に対する「日経225オプション取引」に限り、個人投資家が自由に参加できる状態です。

    日本国内では2013年1月1日に「大阪証券取引所」が「東京証券取引所」を吸収合併し、持ち株会社の「日本取引所グループ」となり、2014年3月24日に東京証券取引所のデリバティブ(金融派生商品)市場を統合し、デリバティブ専門市場としての位置づけを明確にするため「証券」の文字を外し、社名を「大阪取引所」に変更しました。将来的に、商品先物も扱う総合取引所を目指す第一歩を踏み出したところです。

    今後は、先物取引やオプション取引などのデリバティブ(金融派生商品)市場における国際的な競争力の向上が期待できますが、商品先物は複数の異なる取引所が利害関係で既得権益を手放さないため、日本のデリバティブ市場全体の地盤沈下を招いています。

    現時点においては、アメリカのような「現物」「先物」「オプション」などを同一プラットフォームで取り扱う「総合取引所」の実現にはほど遠い状態で、アジアの金融ハブ(中核)としての地位の確立を目指すのは難しいといえます。

    金融グローバル化する世界では、言葉(英語)の問題が進化を阻む最大の障壁です。

    たとえ国内のシステムを整えたとしても、個人投資家に対する金融教育の啓蒙活動や金融機関・機関投資家などによる市場参加が行われずに、無知な個人投資家に対して「投資信託」を売りつけ、自らの懐を痛めずに手数料を稼ぐだけの金融業界の仕組みそのものを抜本的に変えなければ、市場取引は活性化されず、日本の株式オプションのように流動性が低い市場のまま放置され、ガラパゴス化し、ますます金融グローバル化の潮流から取り残されることになるでしょう。
     
    投資手法 上昇 / up ↑ 横ばい / side → 下落 / down ↓
    現物取引
    信用取引
    先物取引
    オプション取引
     
    分類 原資産 権利行使
    スタイル
    オプション取引の市場
    アメリカ 日本*3
    現物
    Equity
    指数
    Index
    株価指数 ヨーロピアン*1 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ボラティリティ指数 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    その他指数 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    株式
    Stocks
    Dow30 / S&P500 etc. アメリカン ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ETF(上場投資信託) ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ADR(米国預託証券) ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    REIT(不動産投資信託) ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    先物
    Futures
    金融
    Financial
    株価指数 アメリカン*2 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ボラティリティ指数
    通貨 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    債券 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    金利 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    商品
    Commodity
    エネルギー ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    金属 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    農産物 ○ / ネット取引できる・流動性あり
    △ / ネット取引できる・流動性リスクあり
    × / ネット取引できない・流動性リスクあり
    ― / オプションなし
    注*1) アメリカ市場の現物オプションの株価指数オプションは、ほとんど「ヨーロピアン・スタイル」ですが、「OEX」などの一部の株価指数オプションは、「アメリカン・スタイル」です。
    注*2) アメリカ市場の先物オプションは、「アメリカン・スタイル」です。一部、「ヨーロピアン・スタイル」のオプションもありますが、ほとんど取引されていません。
    注*3) 日本市場の現物オプションは、「ヨーロピアン・スタイル」です。日本市場の先物オプションは、「アメリカン・スタイル」です。
     
     
    なぜオプション取引なのか? オプション取引の基礎知識
     
     
     
    このページには、知的財産権により保護された 180合同会社(以下、当社)に帰属する権利や利益が含まれています。無断によるこのページの再利用/配布等はいかなる形においても禁止されています。このページに当社以外のウェブサイトへのリンクが含まれている場合、 当社はリンク先における一切の責任を負いません。当社が提供する投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場・為替・金利変動などにより損失が生じる場合があります。信用取引、外国為替証拠金取引、先物取引、オプション取引などの証拠金取引のある投資対象につきましては、証拠金額以上の損失が出る可能性があります。当社は最新情報をご提供することに細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・安全性を保証するものではありません。また、当社は投資に関する情報提供を目的としており、特定の銘柄や投資対象、および投資手法を推奨するものではありません。投資に関する最終的な判断および行動による損益・損害はすべてお客さまに帰属し、当社は一切の責任を負いません。
     
    はじめての方 はじめての方
    | お問い合わせ | プライバシーポリシー
    Copyright © since 2007 180 LLC All Rights Reserved.
    ホーム 企業情報 180サービス 世界投資 お問い合わせ