180 : think 180 around  
 
貧乏は幸せなお金持ちの近道「メールマガジン」を無料でご購読いただけます。

サンプル
 
  • オプション取引の学校
  • なぜ?オプション取引なの?
     
  • オプション取引について
  • オプション取引とは
    オプション取引の基礎知識
    権利行使価格
    オプション価格(プレミアム)
    限月
    タイムディケイ
    ボラティリティ
    ギリシャ指標
    LEAPS
    オプション取引の戦略
    オプション取引の証拠金
    オプション取引の税金
     
  • オプション取引の市場
  • オーストラリア オーストラリア
    日本 日本
    韓国 韓国
    香港 香港
    シンガポール シンガポール
    インド インド
    イギリス イギリス
    欧州 欧州
    アメリカ アメリカ
    カナダ カナダ
    メキシコ メキシコ
     
  • オプション取引を体験する
  • キャッシュフローゲーム202
    キャッシュフローゲーム202
     
  • オプション取引の用語集
  •    
           
     
    用語集
     
     
    タイム・スプレッド time spread
    タイム・ディケイ time decay
    タイム・プレミアム time premium
    タックス・プット tax put
    ダイアゴナル・スプレッド diagonal spread
    ダイナミック・ヘッジ dynamic hedge
    ダウンサイド・プロテクション downside protection
    建玉(たてぎょく) open interest
     
    タイム・スプレッド
    time spread
    カレンダー・スプレッドの別称。
     
    タイム・ディケイ
    time decay
    オプション価格(プレミアム)を構成する「時間価値」が時間の経過とともに満期日に近づくにつれて減少すること。満期日までの残存日数が少なくなると、満期日までに原資産価格が大きく変動し、オプションの買い手にとって利益(ITM)となる可能性は小さくなるため。オプションの売り手にとっては有利に働く。別称でイロージョンともいう。タイムディケイの詳細はこちらから。
     
    タイム・プレミアム
    time premium
    時間価値と同じ。
     
    タックス・プット
    tax put
    株式投資において、株式の売却損が生じる場合、その株式のPutオプションを売ることで手に入れられる受取プレミアムによって、損失を相殺すること。その目的でPut売りを仕掛けること。ただし、30日以内に同株式を再び買い戻す場合は「ウォッシュ・セール・ルール(wash sale rule)」の規定により、株式の損失控除は認められない。

    タックス・プットが最大限の効果を発揮するのは、今年に仕掛けたPut売りの満期日が翌年である場合である。その場合、二重の利点がある。1つ目は、今年において株式の売却損を控除しながら、Put売りに対する税金は翌年に引き延ばすことができることで、2つ目は同時にPut売りの利益を手にすることができることにある。

    【例】
    38ドルで株式を100株取得。12月現在の株価は34ドル。売却して400ドルの損失を確定。すぐに翌年3月限の35ドルPut売りをプレミアム6ドルで1枚仕掛ける。400ドルの株式売却損はPut売りプレミアム600ドルで相殺される(200ドルの未実現利益)。仮に権利行使を受けたとしても(権利行使価格35ドルで株式を100株購入)、Put売りプレミアム6ドル分だけ株式取得価格を押し下げ(35−6=29)、29ドルで株式を購入したことになる。Put売りは、権利行使するか、反対売買するか、満期日を迎えるまで課税されない。株式の売却損を相殺すると同時にオプションに対する税金を引き延ばすことができる。
     
    ダイアゴナル・スプレッド
    diagonal spread
    時間(の経過)を利用した、カレンダー・スプレッドの変形。
    異なる権利行使価格、異なる限月の組み合わせのスプレッド

     
    ダイナミック・ヘッジ
    dynamic hedge
    オプションと原資産を合わせたポートフォリオ全体を常に無リスクに保つための連続的で途切れることのない戦術。通常、オプションの理論価格と実勢プレミアムとの価格差を利益の源泉とし、割高なオプションを売り、割安なオプションを買う戦略において、ポジション・デルタを継続的に算出し、一定の期間の間隔で原資産を売買することによってデルタ・ニュートラルにすることが多い。
     
    ダウンサイド・プロテクション
    downside protection
    原資産を買い持ち(ロング)しているときに原資産の下落(方向の)リスクをPut買いプロテクティブ・プット)やCall売りカバード・コール)などによって資産価値の下落をプロテクションする(守る)こと。
     
    建玉(たてぎょく)
    open interest
    手仕舞いせずに仕掛けたまま(オープンのまま)のオプション枚数の総数。未決済になっているオプション契約総数。市場参加者による特定の市場に対する関心(interest)の大きさが測定される。取組高ともいう。英語ではオープン・インタレスト(open interest)という。「取引高・出来高・売買高」とは異なる。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    このページには、知的財産権により保護された 180合同会社(以下、当社)に帰属する権利や利益が含まれています。無断によるこのページの再利用/配布等はいかなる形においても禁止されています。このページに当社以外のウェブサイトへのリンクが含まれている場合、 当社はリンク先における一切の責任を負いません。当社が提供する投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場・為替・金利変動などにより損失が生じる場合があります。信用取引、外国為替証拠金取引、先物取引、オプション取引などの証拠金取引のある投資対象につきましては、証拠金額以上の損失が出る可能性があります。当社は最新情報をご提供することに細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・安全性を保証するものではありません。また、当社は投資に関する情報提供を目的としており、特定の銘柄や投資対象、および投資手法を推奨するものではありません。投資に関する最終的な判断および行動による損益・損害はすべてお客さまに帰属し、当社は一切の責任を負いません。
     
    はじめての方 はじめての方
    | お問い合わせ | プライバシーポリシー
    Copyright © since 2007 180 LLC All Rights Reserved.
    ホーム 企業情報 180サービス 世界投資 オプション取引の学校 お問い合わせ