180 : think 180 around  
 
幸せなお金持ちになるための「メールマガジン」を無料でご購読いただけます。金言集、世界マーケット情報等を配信中。

サンプル
 
▼ 企業情報
 
  • トップメッセージ
  • エピソード「魂の樹」
  • エピソード 1
    エピソード 2
    エピソード 3
    エピソード 4
    エピソード 5
    エピローグ
  • 企業理念
  • 使命
    黄金律 / ブランドスローガン
    経営姿勢
    三心規律
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  •  
     
    エピソード 5

    魂の樹は、年を重ねるにつれて、
    より多くの黄金の実を結び、
    昼は太陽のごとく、夜は流星群のように光輝き、
    多くの人の目につくようになりました。

    「黄金の実のなる樹」の噂を聞きつけ、
    3人の子供がゼロを訪ねてきました。
    名前はそれぞれ、プア、ミドル、リッチ。
    両手に自分の力で集めたリンゴを4つ抱えています。

    ゼロは3人の子供に向かってこう言いました。

    「リンゴを増やす方法を知りたいかい?」

    3人はうなずくと、それぞれ大きくお腹を鳴らしました。
    ゼロは続けてこう言いました。

    「リンゴは誰でも増やすことができる。
    特別な才能は要らない。」

    3人はまたうなずきました。
    ゼロは3人にリンゴを増やす方法を教えると、
    別れ際に最後の教えを伝えました。

    「すべては君たちの心構え次第だ。」
    ゼロは3人の子供たちがそれぞれリンゴをどうするか、
    樹の上から眺めていました。

    プアは、すぐにお腹を満たしたくて、
    4つのリンゴを全部食べてしまいました。
    ミドルは、リンゴを3つ食べたところで考え、
    1つだけ保管しました。
    リッチは、まずリンゴを増やす計画を立て、
    ゼロの教えの通りにそのまま真似てみました。

    1つ、自分のために食べ、
    1つ、大切に保管し、
    1つ、植え直して育て、
    1つ、人のため世のために与え続けました。

    それから10年後・・・
    リッチだけが年を重ねるごとに豊かになりました。
    プアとミドルは、今まで両親に教わったやり方に従い、
    リッチのやり方を真似ることはありませんでした。
    2人は年をとってもリンゴは増えず、
    何か他のせいにし続け、学ぶことはありませんでした。
    一方、リッチはゼロの教えを多くの人と協力し、
    助け合いながら人々に伝え続けました。
    ゼロの教えを多くの人々に伝えれば伝えるほど、
    リッチはますますリッチになっていきました。
     
     
    Back Next
     
     
    はじめての方 はじめての方
    | お問い合わせ | プライバシーポリシー
    Copyright © since 2007 180 LLC All Rights Reserved.
    ホーム 180サービス 世界投資 オプション取引の学校 お問い合わせ