180 : think 180 around  
 
貧乏は幸せなお金持ちの近道「メールマガジン」を無料でご購読いただけます。

サンプル
 
▼ 企業情報
 
  • トップメッセージ
  • エピソード「魂の樹」
  • エピソード 1
    エピソード 2
    エピソード 3
    エピソード 4
    エピソード 5
    エピローグ
  • 企業理念
  • 使命
    黄金律 / ブランドスローガン
    経営姿勢
    三心規律
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  •  
     
    エピソード 4

    人々は何もないところに努力を注ぎ続ける
    そんなゼロの姿に関心を寄せず、相手にしませんでした。

    「いいかい、ゼロ。
    成功というのは失敗や困難でガードされているのじゃ。
    たいていは一度の失敗であきらめてしまう。
    人の心は移ろいやすいからね。
    同じ気持ちであり続けることは難しいのじゃ。
    人の心とはそういうものなんじゃ。
    しかし・・・決してあきらめてはいけないよ。
    つまずき失敗したとき、成功はもうすぐじゃ。
    自信を失い挫けたとき、成功はもう目の前じゃ。
    もうダメだとあきらめかけたとき、
    成功はもう手に触れている。
    潮が一番引いたときが、
    潮が満ち始めるときだということを忘れてはいけないよ。」

    「いいかい、ゼロ。
    そこの桜の木を見てごらん。
    真冬の中でこそつぼみは一日一日と栄養を蓄え、
    変化しているのだよ。
    春になって花が開くのは、
    そのプロセスの一日に過ぎない。」

    お婆さんの教えが心に蘇るたびに、
    ゼロは涙が溢れ、萎れた心はまた熱く膨らみ、
    軽くなるのでした。

    度重なる汗と涙で地は固まり、
    温かい陽光と共に柔らかな芽が顔を出しました。
    それから10年後・・・
    ゼロはお婆さんの秘密の教えを守り続けました。
    樹はすくすくと成長し、たくさんの動物が集まり、
    枝葉を大きく広げたその姿は、
    ゼロが小さい頃に夢見た樹にそっくりでした。
    空を見上げると、お婆さんが微笑んでいるようでした。
    溢れんばかりの感謝の涙で世界が揺れ動きました。

    すると・・・ゼロの足元にリンゴがたくさん落ちてきました。
    見上げるとそこには黄金色に光輝くリンゴが
    一面に実っています。
    「いいかい、ゼロ。
    取れたリンゴを全部食べてはいけないよ。
    まず、リンゴを4つのカゴに分けなさい。
    1つ、自分のために食べなさい。
    1つ、大切に保管しておきなさい。
    1つ、また植え直して育てなさい。
    1つ、人のため世のために与えなさい。 」

    ゼロはリンゴが取れるたびに、
    それぞれ4つのカゴに分けて、
    1つ、また1つと、自分のために食べ、
    大切に保管し、また植え直して育て、
    人のため世のために与え続けました。

    「いいかい、ゼロ。
    金の卵を産むニワトリの話を知ってるかい?
    お腹が空いたからといってニワトリを食べてしまうと、
    今度はもっとお腹の空いた状態が長引くことになる。
    もし、愛情を注いで大切にニワトリを育てるなら、
    ニワトリは金の卵を産み続け、もう飢えることはない。
    さらに、もっと満足することを先延ばしにして、
    産まれた金の卵を育てることを覚えれば、
    金の卵を産むニワトリが増える。
    わかってきたかな?
    それが、お金のなる樹を育てる方法の秘訣じゃ。
    それを求める人々に教えてあげなさい。
    ゼロ、いいかい。
    一番大切なのは・・・樹の根に深く宿る魂じゃ。」
     
     
    Back Next
     
     
    はじめての方 はじめての方
    | お問い合わせ | プライバシーポリシー
    Copyright © since 2007 180 LLC All Rights Reserved.
    ホーム 企業情報 180サービス 世界投資 オプション取引の学校 お問い合わせ